カウンセリング

気になるたるみやほうれい線!美容施術で女子力アップ

美容外科クリニックで治療

女の人

それぞれの治療の特徴

ほうれい線やたるみを改善させる治療方法としては、大きく分けて3種類になります。3種類とは様々な成分を注射する方法、高周波を照射する方法、そして糸を用いて肌を引っ張り上げるリフトアップの方法の3種類が挙げられます。この3種類の方法にはそれぞれ異なる特徴があるのでお伝えします。まずは注射によるほうれい線やたるみの改善ですが、一言で注射といっても様々な種類があり、中でも最も有名なところで言えばヒアルロン酸注入になります。これはほうれい線やたるみが気になる部分にヒアルロン酸を直接注入して皮膚を皮下から持ち上げる治療です。治療中は注射の痛みを伴うこともありますが、事前に麻酔クリームを塗るため想像よりは痛みも弱く、比較的手軽に行える治療として人気の方法です。治療時間も10分程度で即効性もある治療方法ですが、ヒアルロン酸は時間経過と共に体内に吸収されてしまいますので、永久的な効果は期待できません。そのため効果を持続させたいのであれば定期的な治療が必要で、頻度としては約6ヶ月から8ヶ月に1回のペースで注射する必要があります。費用は、左右のほうれい線で約10万円となります。効果の持続時間が長い治療を望んでいるなら、高周波治療がよいでしょう。高周波治療は真皮層のタンパク質を壊して、コラーゲンを作り出すという仕組みです。壊れたタンパク質を修復していく過程で肌にハリが生まれていきます。また高周波はレーザーや光では到達することのできない真皮層にまで直接アプローチすることができますので、高いリフトアップ効果を実感できます。高周波治療の中でも特に効果が高いとされているのがサーマクールと呼ばれる施術です。この治療時間によって1ヶ月から半年程度で段階的にリフトアップします。糸を用いたリフトアップは、糸を皮膚の下に入れて物理的に持ち上げる治療法となります。糸を通すときは細い穴を針で開けるだけなので、痛みも少なくダウンタイムも短くて済みます。また、糸を通してすぐに効果が出るので、特定の日までにたるみやほうれい線をなんとかしたいと考えている人に合った治療法です。なお、糸を通した部分が刺激となり、一定期間コラーゲンの生成を促してくれます。糸によるリフトアップと聞くと半永久的に効果が持続するようにも感じますが、実はこの方法でも効果は永久ではなく、1年半から2年程度で糸が自然と体内に吸収されてしまいます。そのため効果を持続させたいのであれば2年に1回の施術が必要になります。ちなみに費用は1本あたり9万円程度からとなります。以上がほうれい線やたるみの治療方法ですが、それぞれ異なる特徴があり、治療時間も短い注射は効果の持続期間が短く、効果の持続期間が長い糸によるリフトアップは費用が高いなど、それぞれに一長一短があるので自分に合った方法を選択すると良いでしょう。