カウンセリング

気になるたるみやほうれい線!美容施術で女子力アップ

見た目年齢を若くする方法

頬を触る人

実際の年齢は言わなければ相手には分かりませんが、見た目の印象で年齢を判断されることもあります。例えば顔のパーツが整っていたとしてもたるみやほうれい線によって、老けた印象を与えてしまうこともあります。たるみやほうれい線が生じてしまう原因はいくつかあります。まずは元々の骨格です。筋肉の付き方によっては口元にしわが寄りやすくなってしまうこともあります。日本人の特徴としては、前歯が出ている人が多いので、その出っ張った口元と徐々にたるんできた方によって、ほうれい線がくっきりと目立ってしまうこともあるのです。また筋肉が衰えて全身の皮膚が弛んでしまうこともあります。これは老化現象の一部でもありますから、完全に防ぐことはできません。そして皮膚のコラーゲンが減少することによってたるみが生じてしまいほうれい線が目立つこともあります。このように生きているだけで老化を加速させてしまいますので、何もしなければ皮膚がたるんでしまい、徐々にほうれい線がくっきりと目立つようになってしまいます。しかし、諦めてはいけません。美容外科での手術によってたるみや目立つほうれい線を解消させることができます。その中の方法の1つとして、多くの人に支持されているのがヒアルロン酸注入です。即効性もあり手術の時間も短時間で済みます。気になる部分に注入するのですが、多少注射の痛みもあります。しかし、麻酔効果のあるクリームで緩和されるので、心配はありません。ほうれい線やたるんだところに注入することによって、部分的にふっくらさせる効果があります。徐々に体内に溶け込んできますので、一定期間を終えれば効果が薄れます。状態を維持させるためには定期的に施術を受けることをお勧めします。手術の時間は10分程度ですし、注入後すぐにメイクも可能です。半年に1回程度手術を受けることによって若々しい状態を維持することができます。ヒアルロン酸注入は部分的な若返りに効果的ですが、顔全体の印象を若くしたいのならば高周波治療がおすすめです。高周波によって、皮膚の真皮に存在するタンパク質を壊して軽いやけど状態を作ります。これはコラーゲンを強制的に作らせる方法でもあるのです。ヒアルロン酸注入よりも費用は高額になりますが顔全体を若々しくさせる効果があります。そして特殊な糸を使用して皮膚を持ち上げるリフトアップも人気です。こちらに関しても皮膚を切開する必要がありませんので短時間で施術は終了します。糸の種類によっては持続する期間や効果は異なりますので、医師と相談しながら決めると良いでしょう。